2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 軽い肉離れか? | トップページ | 深代 千之著: 運動会で1番になる方法 »

2006年3月12日 (日)

名古屋国際女子マラソンは感動だった!

 感動のシーンだった。
 渋井選手の独走で終わってしまうかと思ったら、やはり名古屋はタダじゃ終わらなかった。終盤の大逆転劇は、ほんの数分の出来事だった。
「優勝したかった」
2位が3度もあり、幾多の辛酸をなめてきた弘山選手が、10度目の挑戦で初優勝した。
 苦しそうな顔と対照的な伸びのあるストライド
 41㎞までずっと後を追い続ける強靱な精神力

逆に言うと、41㎞まで独走していて、抜かれた渋井選手はくやしかっただろう。でも、私は出し惜しみせずに最初から飛ばすタイプの選手が好きだ。しかも、最初っからペースメーカーにつこうともしない、あの心意気を私は評価したい。
それにしても、弘山選手である。引退すら考えていたというベテランが、逆転で優勝するというのが何ともいえずカッコよかった。
 夫でありコーチである勉さんとの涙の抱擁
苦労を分かち合った人だからこそ出てくる美しい涙だと思った。
 けがをしてちょっと落ち込んだ自分に、元気を取り戻させてくれるいいレースだった。さぁ、私もまだまだ走るぞ。早くけがを治さなければ!

この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

« 軽い肉離れか? | トップページ | 深代 千之著: 運動会で1番になる方法 »

コメント

こんにちは。

毎回名古屋では、いろいろあってみる方は楽しいですが、選手の皆さんは大変だったと思います。
しかし、40㌔からの弘山選手の走りにはびっくり。どこからあんなパワーがでたのでしょうかね。

コメントありがとうございます。私もマラソンを走りますが(遅いですよ)、30㎞過ぎはもうヘロヘロです。トップアスリートは違いますね。

こんにちは!
あの旦那さんとの抱擁にはうるうるしてしまいました。
37歳という年齢もすごいです。
私の少し下ですが、私にはとてもあんなことはできませんf(^^;)。
渋井はちょっとかわいそうでした。

 普通じゃやりませんよね。やっぱり、極限状態をともに経験したんじゃないでしょうか。
 渋井選手は、太らなければまたいい時がくるのではないでしょうか。

TBありがとうございました。ホント感動的でしたよね。10回目という節目もあつたでしょうが、ゴールの後で夫と抱き合ったシーンもとても良かったです。祝勝会ではチャイナドレス姿で登場したとか。地味だなんて書いて失礼しました・・・・・。

さすが資生堂にいるだけのことはある!

めちゃくちゃ感動しました。
苦労人と言っていいのかわかりませんが
長年の努力が実り、見事でした!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/9053605

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋国際女子マラソンは感動だった!:

» <名古屋国際女子マラソン>弘山晴美が逆転V [局の独り言。]
<名古屋国際女子マラソン>弘山晴美が逆転V  名古屋国際女子マラソンは12日午後0時10分、名古屋市瑞穂公園陸上競技場をスタート地点とする42.195キロのコースで行われ、弘山晴美(資生堂)が優勝した。タイムは2時間23分26秒。  世界歴代5位の記録を持つ渋... [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン弘山が逆転優勝 [芸能&スポーツ瓦版]
名古屋国際女子マラソンが行われスタートし渋井が飛び出して 途中で集団に飲まれたが渋井が集団から飛び出し独走だった しかし弘山が渋井をジワジワ追い上げて残り1キロの所で逆転し 弘山が名古屋国際女子マラソン優勝しマラソン初優勝である... [続きを読む]

» 弘山晴美すごいぞ大逆転優勝!! [ぱるぷんて海の家]
昨年の高橋尚子のマラソンも感動したけど、今年の名古屋も大感動です。 まさか弘山晴美が来るとは思わなかった。弘山ってあまり強いイメージなかったからなあ。渋井に対抗できるのは、むしろ大南かなと思っていたくらいです。 それがどうだ! 40キロを過ぎてからの....... [続きを読む]

» 2006名古屋国際女子マラソン [Jandy's Blog]
3/12(日)2006名古屋国際女子マラソン [スタート]小雨。気温は約11度。雨模様の天気。午後0時10分、多くの観客が見守る名古屋・瑞穂陸上競技場。内外の招待選手を含め200人以上の選手が号砲とともにスタート。早春とはいえ、少し肌寒い雨がレースを左右しそう。 [5km]渋井陽子(三井住友海上)がハイペースでリード。追走グループをかなり後方に離し弘山晴美(資生堂)、大南博美(トヨタ車体)ら次の集団... [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン 弘山晴美選手優勝 [白浜スポーツチャンネル764]
 名古屋国際女子マラソンは12日午後0時10分、名古屋市瑞穂公園陸上競技場をスタ [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン2006〜弘山晴美大逆転優勝へ・・・・ [ジュンの我流日記]
それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!  さて今回は、名古屋国際女子マラソンが行なわれました。大会は渋井が最初から独走、記録も....... [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン実況 [かきなぐりプレス]
女子マラソンの中でも比較的地味なのが名古屋国際女子マラソンだ。しかし、この大会から高橋尚子、野口みずきのようにオリンピックの切符を手にした選手もいる。 今回の名古屋で有力選手は渋井陽子以外に見当たらない。日本の有力選手といえば、ベテラン弘山晴美、ピークを過ぎた地元の大南博美ぐらいで、渋井のための大会のようなものだ。 気温11度。小雨が煙る。マラソンにはこれぐらいの湿度の高さがベストコンディションだという。 いきなり、トラックから2人のペースメーカーを置き去りにして、自分のペースで前... [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン、弘山晴美選手が逆転V! [だんなの屋根裏部屋]
今日行われた名古屋国際女子マラソン、テレビ観戦していて驚きました。 ゴールの名古屋市瑞穂陸上競技場まで1キロを切った地点で、 弘山晴美選手が、それまで先行していた渋井陽子選手を追い抜き、 逆転優勝というすばらしい結果を見せてくれたのです。 タイムは2時間23分26秒、37歳の悲願の初優勝です。 今年の名古屋国際女子マラソンは渋井陽子選手の独走ではないかと思っていましたが、 渋井選手は最初から独走態勢で攻めていきました。 このマラソンコースはアップダウンはあまりありませんし、 小雨... [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン:弘山、悲願の初優勝! [仙丈亭日乘]
弘山選手が大逆轉で、悲願の初優勝! 10度目の正直で大輪の華ひらく。 [続きを読む]

» 2006年名古屋国際女子マラソン [にじばぶ日記]
いつもはあまり書かない“マラソン”についての記事を久しぶりに。 こちらで頻繁にUPしている『映画』や『ラーメン食べ歩き』以上に、私にとっては大好きな趣味といえる“マラソン観戦”。 ただ、大好きは大好きなのだが、あまりにマニアックすぎる趣味である為、『映画』や『ラーメン』の様には記事に書いたりしていなかった。 しかし、今回は久しぶりに感動してしまったので、独り言の様に書いてみようかなと思う。 *******************************************... [続きを読む]

» 弘山晴美、パートナーとともに追いつづけたマラソン初優勝を達成! [うっぷんを晴らせ]
2006名古屋国際女子マラソンがありました。 劇的、感動。面白いマラソンでした。 本日は、つらつらと書いてみます。 渋井陽子選手がスタートからペースメーカーをも抜き去り、ひとり飛び出しました。 しばらくして第1集団に落ち着く、、、と思ったら集団を引っ張っていって、再び独走です。 今日は、渋井さんの独擅場になるのかと。。。 30kmくらいまでは渋井さんがレースを盛り上げてくれましたね。 中盤から、雨が... [続きを読む]

» 2006 名古屋国際女子マラソン [ソフトorハード]
なんだこれは!! 画面にいきなり、弘山と渋井の顔が並んで映っている。 えっ いつの間に? 名古屋国際女子マラソン、1時過ぎにテレビをつけたときにはもう、渋井しか映っていない。 どうやら一分近くリードしているようだ。 TVの解説でも、走りがスムーズに安定してきた..... [続きを読む]

» 弘山、悲願の優勝 [いとうな日々]
名古屋国際女子マラソンが12日、名古屋市瑞穂陸上競技場をスタート、ゴールとするコースで行われ、37歳のベテラン弘山晴美(資生堂)が2時間23分26秒で初優勝を飾った。 前日本記録保持者の渋井陽子(三井住友海上)は32秒遅れの2位に終わった。 レースはスタート直後に渋井が飛び出して始まった。8キロ過ぎで渋井は一度、集団に吸収されたが、10キロ過ぎに再びスパートして一時は2位に1分近い差を付けた... [続きを読む]

» 弘山選手 悲願の初優勝-名古屋国際女子マラソン [kojiro-railway-blog]
毎年恒例の名古屋国際女子マラソンが行われ、弘山晴美選手が優勝した。常に上位に顔を [続きを読む]

» 名古屋国際女子マラソン [「龍」の道 パート3]
えー、今日は名古屋国際女子マラソンを見ました。 渋井が始め飛び出したことで、かな [続きを読む]

» ■名古屋国際女子マラソン、弘山晴美が逆転優勝 [コレバナ〜裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト〜]
■名古屋国際女子マラソン、弘山晴美が逆転優勝弘山晴美(資生堂)が、残り約1キロでそれまでトップを走っていた渋井陽子(三井住友海上)を抜き去って優勝。タイムは2時間23分26秒。残り1キロ、鮮やかに抜き去った。それまで他を圧倒した走りで高橋尚子のタイムも抜....... [続きを読む]

» 最後の逆転劇にベテランの意地を見た! [新「とっつあん通信」]
やはり単独で記事をたてることにしました(笑) それだけの価値がある走りだったと思います。 きょうの名古屋国際女子マラソン。 弘山晴美選手が終盤のみごとな逆転劇で優勝であります。 ほんとうにおめでとうございます! オープン戦と掛け持ちで見ていましたが 渋井....... [続きを読む]

» 弘山晴美 念願の初勝利 [メインスタンドは芝生席]
「うれしい。 ハーフ頃からきつかったけど、あきらめずに行こうと思いました。 35キロで渋井さんに詰まって来た時は、 半分バテていたけど粘って走り続けました。 ペースは自分のリズムを取りながら、時計は見なかった。... [続きを読む]

» あっぱれ!引山選手 名古屋国際女子マラソン [けいパパの独り言]
名古屋国際マラソンで弘山晴美選手(徳島県出身)が優勝しました。 弘山選手は37歳にしてマラソン初優勝だそうです。 しかも、渋井選手を逆転しての勝利。 非常に、あっぱれです。 [続きを読む]

» 2006名古屋国際女子マラソン 弘山晴美が大逆転初優勝!! 渋井陽子2位 レポート! [気ままなNotes...]
 2006名古屋国際女子マラソンを見に、瑞穂陸上競技場に行ってきた。東京国際女子マラソンや大阪国際女子マラソン、全国大学駅伝(熱田神宮〜伊勢神宮)などで、沿道で応援したことは何度もあるけれど、競技場のスタート&ゴールは生で観たことがなかったから、せっかくだからということで観に行った。スタートから飛び出していた渋井陽子が途中、独走状態となっていたにも関わらず終盤に失速し、このレースに引退をかけていた37歳の弘山晴... [続きを読む]

» 弘山晴美選手が悲願の初優勝!−名古屋国際女子マラソン [Backpackerかく語りき♪快晴じゃーなる♪]
3月12日に、名古屋国際女子マラソンが行われ、37歳の弘山晴美選手がマラソン10回目にして悲願の初優勝を果たした。 37歳のフルマラソン優勝は、日本人の中では最年長記録である(これまでは、浅井えりこさん・・・やったと思う)。 かつて、トラックでは3000m、5000m、1000...... [続きを読む]

» まさかまさかの大逆転 [勝手な言い分]
名古屋国際女子マラソン。 スタート直後から大本命渋井陽子が独走態勢になる。その後一旦は集団に並ばれるものの、10キロ過ぎから再びペースメーカーまで振り切るほどの独走。その後も快調に飛ばし、1キロごとに後続との差が広がり、大会記録や国内記録まで塗り替えようか..... [続きを読む]

« 軽い肉離れか? | トップページ | 深代 千之著: 運動会で1番になる方法 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ