2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで | トップページ | 大宮アルディージャ2006シーズン・3月5日開幕 »

2006年2月14日 (火)

新開体育サークル通信 №8

HPTIMAGE
今回は、私のホームページを紹介します。ここ数年ほとんど更新していないのではずかしい限りなのですが…。最近、あることがきっかけで、ようやく自分のHPを全面的にバージョンアップする作業に入りました。ついでに、今はやりの“ブログ”も始めました。ブログは、健康・スポーツ・体育・教育について、“一日一題”を目標に(とても無理なんですが)アップしています。ぜひ、訪れて、コメントなどいただけるとうれしいです。 
 ブログ: http://yu-raku-so.cocolog-nifty.com/log/
 HP : http://homepage2.nifty.com/yu-raku-so/index.htm
      (3月頃、全面バージョンアップ予定)
この会の活動も、HPやブログでたくさん紹介していきたいと思っています。
 では、前回の報告です。

【第7回・月例会の報告】
  1月17日(月)18:00~ 新開小・会議室
   ① 自主授業研究会の指導案検討・6年「マット運動」(大久保)
   ② 体育科カリキュラム試案(豊島)
   ③ 5年「心の健康・不安や悩みへの対処」(豊島)
   ④ 6年「喫煙防止教育を中心にした病気の予防(後半)の学習」(豊島)
   ⑤ 情報交換

 はじめに、自主授業研究会の指導案検討をしました。「裏表1枚程度の指導案で授業する」をコンセプト(勝手に決めました)に、気軽にやっていきたいと思います。このことについては、後述します。
 3学期ということで、保健学習ネタを2つ持ってきました。どちらも、実践済みのものです。また、けっこう先端をいっていると思いますので、試していただけるとうれしいです。

今回から、情報交換の時間を設けることにしました。口頭でもいいですが、できれば簡単でも資料を作っていただければ、よりわかりやすくなると思います。
 萩原さんからは、現在進行中の「リズムダンス・マット運動」について報告してくれました。特に「リズムダンス」に初挑戦ということで、どうなるか楽しみです。既成のおどりに影響されない独創性が出てくるといいですね。
 田中さんは、「ソフトバレー」と「サッカー」について資料を用意してくれました。これだけくわしく書いていただければ、レポートとして検討することもできそうです。ソフトバレーでは、「ネットの高さがゲームの様相を左右する」「ラリーの続くゲームをつくりたい」ということでした。サッカーは、グリッドコートで授業されたとのこと。うまい子には不評かもしれないけど、みんながボールを触れるという点ではよかったのだということがわかりました。
 佐藤さんからは、これから始まる「折り返しリレー」をがんばりたいという話がありました。低学年のリレーは、めちゃくちゃ盛り上がると思うので、その中でマナーや勝敗を素直に認める姿勢を学ばせたいですね。
 黒崎さんからは、「すもう・障害リレー」の授業について説明がありました。大小のカラーコーン、輪、ダンボールを自由に並べるという方法でした。障害の並べ方だけにこだわらないようにして、競争の楽しさを味わってほしいと思いました。

【第2回・自主授業研究会の報告】
  1月24日(金)2校時  6年「マット運動」 大久保さん

授業を見た瞬間、いろんな種類の技に挑戦しているなと感じました。自分でめあてをしっかり持てないと、ついつい人の真似をしてしまいがちです。自分の意志で決められているのがよかったと思いました。
 授業者の大久保さんは、反省の中で、「ねらい①は、スムーズな連続を意識させたかったが、浸透しなかった」「ねらい②では、自分で場を選べるようになってほしい」と述べていました。とかくお仕事的になりがちなねらい①の活動を、どう充実させるかということが、検討会でも話題になりました。これは、今後も考えていかなければならない大切な問題です。子どもの動きや考え方にフィットする学習の進め方を工夫していきたいと思いました。
 ねらい②は、1つの技ができるよになるだけの「場」や「資料」「教師の助言」が必要だという意見が多かったです。資料づくりなど、体育部として組織的にやらなければならないことも明らかになってよかったです。 


【第8回・月例会のお知らせ】
  2月16日(木)18:00~ 新開小・会議室
   ① 第3回自主授業研究会について( ? )
   ② 「授業づくりの発想(体育編)」(豊島)
   ③ 情報交換  その他

 このサークルは、メンバー登録制ではありません。いつでも自由にご参加ください。参加される方は、“体育の授業に関する近況報告”をしていただきます(口頭でも可ですが、何か資料があるとうれしいです)。

 とびこみレポート大歓迎!!
 体育の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、体育の授業以外で、日頃スポーツに関して思っていることなどでも結構です。

« 斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで | トップページ | 大宮アルディージャ2006シーズン・3月5日開幕 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/8668174

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル通信 №8:

« 斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで | トップページ | 大宮アルディージャ2006シーズン・3月5日開幕 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ