2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 「タミフル」は、恐ろしく効く。 | トップページ | 新開体育サークル通信 №8 »

2006年2月11日 (土)

斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで

 こういう売れすぎている人の本はあまり読みたくないのだけれど、題名につられて、つい買ってしまった。友だちは大事だし、親友と呼べる人がいれば心強い。だけど、どちらかというと、自分は「友だちがいない」人間の部類に入るんじゃないかと思っていた。だからといって、自分がおかしな人とも思わなかったし、仕事上のつきあいはきちんとしてきた。
 著者は、「友だち力」をつけることの大切さを説き、スキルアップの方法をいくつも教えている。中でも、おもしろかったのは、「偏愛マップ」というものだ。これを作るのは簡単だ。自分の好きなもの、好きなことを、片っ端から書き出せばいい。偏っていると思っても、それが自分のワールドなんだから、それでいいというわけ。大事なのは、これを使って人と話をするきっかけを作るということ。お互いの「偏愛」状況を見せ合って、1つでも共通点があったりしたら、これがきっかけで話が弾む。そう言えば、「へぇー、あなたもこんなことが趣味だったんですか」なんてことはよくある。そんな人とは、あうたびにそのことで盛り上がれる。人と付き合うというのは、その人の人格そのものと向き合うのではなく、お互いの好きなものやことを共有することだというのがナルホドと思った。
 そうか、友だちってそんなものだと思ってればいいんだ、と子どもたちが感じてくれればいいなと思う。中学生ぐらいなら十分読める。教員や親も読んだらいいんじゃないかと思った。

« 「タミフル」は、恐ろしく効く。 | トップページ | 新開体育サークル通信 №8 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/8607270

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで:

» マンガで処世術が分かる斉藤孝の「バカボンのパパはなぜ天才なのか?」 [芸能ショッピング]
斉藤孝がこんなにマンガ好きだとは知らなかった。 そう思わせるのは「バカボンのパパはなぜ天才なのか?」という本。 「ゴルゴ13が超一流なのはなぜか」 「お蝶夫人はどのようにプライドを守ったのか」 「ねずみ男はなぜ交渉名人なのか」 などのサブタイトル...... [続きを読む]

« 「タミフル」は、恐ろしく効く。 | トップページ | 新開体育サークル通信 №8 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ