2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月26日 (日)

羽生善治「決断力」から

 若くして天才棋士と呼ばれる羽生善治の「決断力」という本を読んだ。天才は、勝負を決める決断をどう下しているのか興味をそそられた。天才といえども、ギリギリの極限状態で勝負している様子が伝わって、好印象を受けた。
 将棋は脳のスポーツと言えるのだろうか? 勝敗のあるゲームと考えるとスポーツとの共通点は多い。この本の中でも、スポーツに例えているところがたくさんある。
 私がオッと思ったところをいくつかピックアップしてみる。
「欠点は裏返すと長所でもある」
  欠点のない人間なんていない。自分の将棋にも欠点があるということを自覚しているという。しかし、「自分でわかっているのだから、その欠点も消すことができるかというと、それは難しい」 なぜなら、欠点を裏返すと一番の長所だったりするからだ。「だから、それを消そうとすると、また別の欠点が出てくる」ことになるというのである。
「読んでいれば、相手の刀がかすめても怖くない」
 決断の瞬間のことである。「かなり危険だと判断しても、私は、踏み込んで決断をする方だと思う」と自己分析している。それはそうだろう。そうしなくては勝てないわけだから。しかし、その後に続く言葉に驚かされた。「見た目にはかなり危険でも、読み切っていれば怖くはない」 時代劇などでもよくあるシーンだが、相手の刀がほんの数㎝のところをかすめた次の瞬間に「グサッ」ということがある。私は、こんなことは読んでできることではないと思う。しかし、それを「読み切っている」というところがスゴイと素直に感じた。
「決断とリスクはワンセットである」
 リスクを背負って決断を下すことが現状打破につながるという。「リスクを避けていては、その対戦に勝ったとしてもいい将棋は残すことはできない。次のステップにもならない」「積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にする」 なんだか、ビジネス書には必ず載っていそうな言葉だ。でも、スポーツなどと絡めて言うと、かっこよくさわやかな感じがするんだな。これがいいところだ。

この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年2月25日 (土)

遊び文化として、トリノ五輪を見る楽しさ

 荒川静香が金メダルをとったら、日本中が「感動!」だらけになった。しかし、その前日までのマスコミの論調といったら…。
「日本惨敗」
「決勝にも進めず」
「メダルが取れないのは、○○の体質が悪いからだ」
「メダル獲得の予想に甘さがあった」
「選手に緊張感が足りないのでは?」
などなど、批判的なものばかりだった。一般市民も、それに乗じて、
「日本を代表していっているのにふがいない」
「メダルが取れなくて、つまらない」
といった声がたくさん聞こえてきていた。
 
 私は、メダルがどうのこうのと言う前に、競技そのものを“見る楽しさ”を味わいたいと思っていた。だから、フリースタイルのモーグルなんて、あんなコブの急斜面で、スキーをズラしてブレーキをかけるのではなく、どんどん前へ滑らせるテクニックを見て、超感動していた。スノーボードは、自分じゃ絶対できないと思いつつ、この年にして「やってみたい!」と思う魅力を感じた。
 スピードスケートの短距離では、スタートの姿勢の低さ、すばやく氷に乗る技術が人によってちがうことを発見しておもしろかった。転倒する瞬間のスローを見て、トップ選手ですら、ほんのちょっとの変化でも対応するのが難しいのだと感じた。
 
 そんなとき、新聞で次のような記事を見つけた。
「トリノ五輪 近代スポーツの変容見える」
               2月23日付 産経新聞

書いているのは、京都教育大学教授、スポーツ社会学の杉本厚夫氏である。以前に著書を読んだことのある方だ。冒頭の文章にひきつけられた。
「トリノオリンピックが面白い。」
なぜかというと、「スポーツという文化の大きな変容を感じることができる」からであると言う。特に、スノーボード・ハーフパイプの「リスクを冒してチャレンジする精神」やスノーボードクロスの「人工的に偶然性を誘発する」しくみというものが、近代スポーツの失われてきた姿だと言う。これらは、「スポーツに仮託された文化性であり、もともと遊びから生まれてきたスポーツの本質でもあるのだ」
 そう、この遊びとしてのスポーツという考え方が、日本人には決定的に足りないのではないかと私も感じている。だからこそ、教育を通じて広めていきたいと考えているのである。
「遊び文化としてスポーツが日本に定着するために、日本のアスリートよ、もっと真面目にスポーツを遊べ」
荒川静香は、得点にならないイナバウアーを自分らしい技としてこだわったらしい。そう言う意味では、真面目にスポーツを遊んだ1人なのだろうと思う。おそらく、結果は出ないにしろ、みんなそうだと思う。外からの重圧に負けないようにがんばってほしいと思う。

 杉本先生のHP
http://www.kyokyo-u.ac.jp/sports/sports/sportsoc/sugimoto/sugimotoworld.htm

この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年2月21日 (火)

ようやく、200km走破

 正月にランニング復活宣言をしてから、ようやく走行距離200㎞に到達した。数年前の調子のいい時は、月間200㎞を目標にしていたのだから、だいぶゆっくりペースだ。でも、まぁこんなものかと思っている。けっこう継続するのは簡単ではない。
 今年は、年間1500㎞はいきたいと思っている。次のチェックポイントは、500㎞走破。4月中にはクリアできればいい感じだ。

 ところで、今年の大会出場予定は、今のところ次の通りとなっている。

 3月19日(日) 荒川市民マラソン(フル)
 4月16日(日) かすみがうらマラソン(フル)
 5月21日(日) 星の郷八ヶ岳野辺山高原 100kmウルトラマラソン
 6月25日(日) サロマ湖100キロウルトラマラソン

 ちなみに、エントリーや練習日誌の管理には、雑誌ランナーズのHPランネットから、マイランネットを設定するととても便利である。私は、これとランナーズ付録の「ランニングダイアリー」を併用している。記録をとるということは、それだけで高いモチベーションが維持できる。

この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年2月19日 (日)

大宮アルディージャ2006シーズン・3月5日開幕

060218
 3月5日に、いよいよJリーグの2006シーズンが開幕する。今日、シーズンチケットが届いた。初戦は、埼玉スタジアムで、ジェフユナイテッド千葉戦だ。ジェフは、昨シーズンもなかなかよい成績だったし、巻や阿部が代表でもがんばっている好チームだ。初戦の相手としては十分すぎる。
 我が大宮アルディージャも、なかなかいい補強をしたと思う。昨シーズンは、藤本がけがをした時が本当にピンチだった。中盤を作れる選手が何人もいるのは心強い。一番期待しているのは、FWホンジュラス代表のマルチネス。練習試合の様子などからも、なかなかいいようだ。
 2月25日には、さいたま新都心で、ファン感謝デーがある。残念ながら行けないのだが、盛り上がることを期待している。
 先日、知人の浦和サポーターと話をした。浦和は、明らかに優勝をねらう補強をしてきたので、こちらは今年も挑戦者として力を尽くすのみ。ただ、昨年の戦いから(特に天皇杯で延長にもつれ込んだ試合)、「さいたまダービーの格が上がった」と評していた。浦和サポにも、そう言わせるだけの力はつけてきている。侮られないよう、いい試合をしていきたい。今年は、駒場を借りることが多くなることもあるので。

大宮アルディージャ2006シーズン・3月5日開幕

060218
 3月5日に、いよいよJリーグの2006シーズンが開幕する。今日、シーズンチケットが届いた。初戦は、埼玉スタジアムで、ジェフユナイテッド千葉戦だ。ジェフは、昨シーズンもなかなかよい成績だったし、巻や阿部が代表でもがんばっている好チームだ。初戦の相手としては十分すぎる。
 我が大宮アルディージャも、なかなかいい補強をしたと思う。昨シーズンは、藤本がけがをした時が本当にピンチだった。中盤を作れる選手が何人もいるのは心強い。一番期待しているのは、FWホンジュラス代表のマルチネス。練習試合の様子などからも、なかなかいいようだ。
 2月25日には、さいたま新都心で、ファン感謝デーがある。残念ながら行けないのだが、盛り上がることを期待している。
 先日、知人の浦和サポーターと話をした。浦和は、明らかに優勝をねらう補強をしてきたので、こちらは今年も挑戦者として力を尽くすのみ。ただ、昨年の戦いから(特に天皇杯で延長にもつれ込んだ試合)、「さいたまダービーの格が上がった」と評していた。浦和サポにも、そう言わせるだけの力はつけてきている。侮られないよう、いい試合をしていきたい。今年は、駒場を借りることが多くなることもあるので。

2006年2月14日 (火)

新開体育サークル通信 №8

HPTIMAGE
今回は、私のホームページを紹介します。ここ数年ほとんど更新していないのではずかしい限りなのですが…。最近、あることがきっかけで、ようやく自分のHPを全面的にバージョンアップする作業に入りました。ついでに、今はやりの“ブログ”も始めました。ブログは、健康・スポーツ・体育・教育について、“一日一題”を目標に(とても無理なんですが)アップしています。ぜひ、訪れて、コメントなどいただけるとうれしいです。 
 ブログ: http://yu-raku-so.cocolog-nifty.com/log/
 HP : http://homepage2.nifty.com/yu-raku-so/index.htm
      (3月頃、全面バージョンアップ予定)
この会の活動も、HPやブログでたくさん紹介していきたいと思っています。
 では、前回の報告です。

【第7回・月例会の報告】
  1月17日(月)18:00~ 新開小・会議室
   ① 自主授業研究会の指導案検討・6年「マット運動」(大久保)
   ② 体育科カリキュラム試案(豊島)
   ③ 5年「心の健康・不安や悩みへの対処」(豊島)
   ④ 6年「喫煙防止教育を中心にした病気の予防(後半)の学習」(豊島)
   ⑤ 情報交換

 はじめに、自主授業研究会の指導案検討をしました。「裏表1枚程度の指導案で授業する」をコンセプト(勝手に決めました)に、気軽にやっていきたいと思います。このことについては、後述します。
 3学期ということで、保健学習ネタを2つ持ってきました。どちらも、実践済みのものです。また、けっこう先端をいっていると思いますので、試していただけるとうれしいです。

今回から、情報交換の時間を設けることにしました。口頭でもいいですが、できれば簡単でも資料を作っていただければ、よりわかりやすくなると思います。
 萩原さんからは、現在進行中の「リズムダンス・マット運動」について報告してくれました。特に「リズムダンス」に初挑戦ということで、どうなるか楽しみです。既成のおどりに影響されない独創性が出てくるといいですね。
 田中さんは、「ソフトバレー」と「サッカー」について資料を用意してくれました。これだけくわしく書いていただければ、レポートとして検討することもできそうです。ソフトバレーでは、「ネットの高さがゲームの様相を左右する」「ラリーの続くゲームをつくりたい」ということでした。サッカーは、グリッドコートで授業されたとのこと。うまい子には不評かもしれないけど、みんながボールを触れるという点ではよかったのだということがわかりました。
 佐藤さんからは、これから始まる「折り返しリレー」をがんばりたいという話がありました。低学年のリレーは、めちゃくちゃ盛り上がると思うので、その中でマナーや勝敗を素直に認める姿勢を学ばせたいですね。
 黒崎さんからは、「すもう・障害リレー」の授業について説明がありました。大小のカラーコーン、輪、ダンボールを自由に並べるという方法でした。障害の並べ方だけにこだわらないようにして、競争の楽しさを味わってほしいと思いました。

【第2回・自主授業研究会の報告】
  1月24日(金)2校時  6年「マット運動」 大久保さん

授業を見た瞬間、いろんな種類の技に挑戦しているなと感じました。自分でめあてをしっかり持てないと、ついつい人の真似をしてしまいがちです。自分の意志で決められているのがよかったと思いました。
 授業者の大久保さんは、反省の中で、「ねらい①は、スムーズな連続を意識させたかったが、浸透しなかった」「ねらい②では、自分で場を選べるようになってほしい」と述べていました。とかくお仕事的になりがちなねらい①の活動を、どう充実させるかということが、検討会でも話題になりました。これは、今後も考えていかなければならない大切な問題です。子どもの動きや考え方にフィットする学習の進め方を工夫していきたいと思いました。
 ねらい②は、1つの技ができるよになるだけの「場」や「資料」「教師の助言」が必要だという意見が多かったです。資料づくりなど、体育部として組織的にやらなければならないことも明らかになってよかったです。 


【第8回・月例会のお知らせ】
  2月16日(木)18:00~ 新開小・会議室
   ① 第3回自主授業研究会について( ? )
   ② 「授業づくりの発想(体育編)」(豊島)
   ③ 情報交換  その他

 このサークルは、メンバー登録制ではありません。いつでも自由にご参加ください。参加される方は、“体育の授業に関する近況報告”をしていただきます(口頭でも可ですが、何か資料があるとうれしいです)。

 とびこみレポート大歓迎!!
 体育の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、体育の授業以外で、日頃スポーツに関して思っていることなどでも結構です。

2006年2月11日 (土)

斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで

 こういう売れすぎている人の本はあまり読みたくないのだけれど、題名につられて、つい買ってしまった。友だちは大事だし、親友と呼べる人がいれば心強い。だけど、どちらかというと、自分は「友だちがいない」人間の部類に入るんじゃないかと思っていた。だからといって、自分がおかしな人とも思わなかったし、仕事上のつきあいはきちんとしてきた。
 著者は、「友だち力」をつけることの大切さを説き、スキルアップの方法をいくつも教えている。中でも、おもしろかったのは、「偏愛マップ」というものだ。これを作るのは簡単だ。自分の好きなもの、好きなことを、片っ端から書き出せばいい。偏っていると思っても、それが自分のワールドなんだから、それでいいというわけ。大事なのは、これを使って人と話をするきっかけを作るということ。お互いの「偏愛」状況を見せ合って、1つでも共通点があったりしたら、これがきっかけで話が弾む。そう言えば、「へぇー、あなたもこんなことが趣味だったんですか」なんてことはよくある。そんな人とは、あうたびにそのことで盛り上がれる。人と付き合うというのは、その人の人格そのものと向き合うのではなく、お互いの好きなものやことを共有することだというのがナルホドと思った。
 そうか、友だちってそんなものだと思ってればいいんだ、と子どもたちが感じてくれればいいなと思う。中学生ぐらいなら十分読める。教員や親も読んだらいいんじゃないかと思った。

2006年2月10日 (金)

「タミフル」は、恐ろしく効く。

 4歳の息子が、A型のインフルエンザと診断された。熱が39度以上に上がって、鼻水も咳もひどい。確かにインフルエンザの症状だ。インフルエンザの特効薬の話が、去年あたりから出てきた。息子も「タミフル」という薬を処方してもらった。
 これを飲み始めて、2日目には完全に熱が下がっていた。咳はまだ出るようだが、体はとても楽になったようだ。これはすごい。聞いた話だと、副作用が心配されていて、幻覚や妄想なんていう恐ろしいのもあった。まぁ、これは滅多にあるもんじゃないらしいけど…。
 念のため、親としては、どんな薬なのか調べてみることにした。ちょうどいいページにヒットしたので、お気に入りに登録した。

  おくすり110番・・病院の薬がよくわかる http://www.jah.ne.jp/~kako/ 

 これを見て納得。よくある副作用として、下痢、軟便とあった。確かにそうだった。熱が下がり過ぎちゃうなんてこともあるらしい。
 熱が下がったので、医者に見せに行ったら、

 「インフルエンザを抑えても、風邪の症状が長く残ってしまうことが多い」

と言っていた。結局、いろいろ複合しているらしい。そうやって、風邪にもかかって体が弱っているときが、インフルエンザのつけ込むスキになっているのだろう。それにしても、恐るべし「タミフル」の効果である。
 でも、やっぱりかからないほうがいい。予防が一番。そう、医者の待合室にもポスターが貼ってあった。
 
 「手荒い、うがいが基本です」

その通りだ。実行しよう。

2006年2月 6日 (月)

ファミリースキーは楽しい

 土日スキーに行ってきました。家族5人でファミリースキーです。おすすめのゲレンデはいくつかあるのですが、最近はいつも、「たんばらスキーパーク」です。

たんばらスキーパーク

 ここのいいところは、
IMG_1795
 1 近い。
 2 雪が多くて、いつでも滑れる。
 3 斜面がほどほど。
 4 ペンションビレッジがいい雰囲気。

 春などは、ノーチェーンで行ってしまえるのですが、さすがに今回は大雪でした。久しぶりに高速でチェーン規制にひっかかってしまいました。
 とにかく寒かったです。ま、難点と言えばこれですが、ウインタースポーツなのですから、ある程度はがまんしないと。雪質は最高です。「キュッ、キュッ」という音がするぐらいです。

 私も昔は、ガンガンスキーヤーでした。それはそれで楽しかったですが、ファミリースキーというのもいいですね。あんまりがつがつせずに、ゆったりいろんな遊び方、楽しみ方でスキーを楽しむことができます。子どもと一緒に滑る(後ろについたり前にいったり)。コースを決めて自由に滑る。そり遊びをする。雪だるまやかまくらづくり、雪合戦などの雪遊びをする。休憩中も会話が弾んだりして、なかなかいいです。それに、子どもがどんどん慣れていくのを見るのが本当に楽しいです。

 泊まりは、ペンションビレッジがおすすめです。うちの子どもは、カナディアンタイプという2段ベッドが備え付けられている屋根裏部屋みたいなのが大好きです。だから、夕方早くあがってしまっても、全く飽きません。

 スノーボーダーもたくさんいますが、以前よりマナーはよくなっているように感じます。というか、大ブームは去ったというか…。みんな、ゆったり楽しみましょう。


 

2006年2月 3日 (金)

福田正博「ベストを尽くせ!」を読んで

「埼玉教育」という総合教育センターで発行している雑誌がある。この12月号に、元浦和レッズ・現サッカー解説者の福田正博の原稿がのっていた。題名は、「ベストを尽くせ!」
 福田といえば、得点王にもなったし、ミスターレッズとも言われた選手である。Jリーグの草創期において活躍した選手が、指導者として戻ってくるのは、とても楽しみなことである。
 この文章で、いくつか目にとまった言葉を紹介する。

「キャプテンとして必要とされるのは、チームの状態が悪い時に、自分の気持ちがブレないよう、自分の信念やチームの方針を信じて、それを貫いてプレーする姿を見せることだと思います」

 どんな組織においても言えることだと思いました。組織がうまくいっている時は、突っ走ればいい。問題は、状態が悪くなった時。この時にこそ、リーダーの姿勢が問われるのだと思う。昨シーズンの大宮も、苦しい連敗の時期があった。でも、何となく安心していられたのは、監督や選手が「自分たちのやっていることは間違っていない。結果がついてくることを信じて練習するだけだ」といったコメントをしていたからだ。

「単にコミュニケーションをとることが大切なのではなく、コミュニケーションを通じて信頼関係を築くことが重要なのです」

 信頼関係とか共通理解とか、言葉で言うのは簡単だけど、実際は本当に難しいことだと思う。集団が、組織になれるのは、これができたときだと思う。

「プロの選手になりたい。有名になりたい。お金を儲けたい。というような、外的な動機付けも大切ですが、最終的には、好きだ。うまくなりたい。だれにも負けたくないなどの内的な動機付けがないと、努力をし続けることは難しいと思います」

 私が体育授業で求めていることは、ここで言う「内的な動機付け」である。その運動が「好きだ」と思わせるには、「楽しい」と感じる経験が必要である。楽しい経験は、運動の機能的特性に触れることで味わえる。

 最後に、将来の夢は、Jリーグの監督になることだと述べている。どれだけの指導性が発揮できるのか、とても楽しみである。

 

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ