2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

トリノオリンピックに出場する選手のコメントを聞いて

 トリノオリンピックが間近に迫っている。冬のオリンピックというのは、夏のオリンピックとはちがう興奮がある。特に、私の世代では、あの札幌オリンピックでの「笠谷・金野・青地」の金銀銅独占の強烈なイメージがある。
 当時に比べれば、日本選手のレベルは格段に上がった。やはり、日本は豊かになったのだと実感する。それとひきかえに、トップ選手は猛烈なプレッシャーの中で戦わなければならない。
 どの選手も、「メダルをめざす」というコメントがそれを如実に表している。競技者としては、やはり優勝をめざすのだと思うが、3位に入れば許されるのがオリンピックでもある。私は、メダルがどうのというより、競技のおもしろさを味わいたいと思う。
 だって、スキーの純ジャンプなんて、ふつうじゃあまり見ませんから。期待する人がいて、初めてあの長い待ち時間にもたえられるというものだ。一斉に「よーい、ドン」をしないのも、冬季競技の特徴でもある。一人一人のテクニックを見逃さないようにしながら、選手の気持ちを想像しながら、見ていきたいなと思う。

2006年1月11日 (水)

新開体育サークル通信 №7

 あけましておめでとうございます。今年も、よい授業をつくるために、楽しく研究をしていきたいと思います。
 今年の正月は、ほとんど家で過ごしました。それにしても、正月恒例のスポーツというのは多いものです。ニューイヤー駅伝、サッカー天皇杯、箱根駅伝、アメリカンフットボールのライスボウル、高校サッカーにラグビー、などなど。1日中見ていても、飽きない。いや、やっぱり飽きますね。いいところを見逃したのはたくさんあります。
 見ていてとても残念に思うことは、テレビ局がスポーツそのものの楽しさではなく、何か別のストーリー性を持たせようとし過ぎていることです。確かに、スポーツは感動だし、泣けるのだけど…。子どもたちには、スポーツを見る目も養いたいと感じます。
 さて、12月は、サークル通信をサボってしまいました。前回と前々回の報告を合わせてしたいと思います。

【第5回・月例会の報告】
  11月28日(月)18:00~ 新開小・会議室
   ① 全国体育学習研究協議会・参加報告(豊島)
   ② 4年「ポートボール」の授業(南部)
   ③ 自主授業研究会の計画について(豊島)

 つまらないレポートをいきなりしてしまってスミマセンでした。でも、三日三晩、グループワークと称して体育について語り合いましたが、楽しみは深まるばかりでした。スゴイことを考えている研究者、おもしろい実践家がたくさんいるものですね。今度は、もっとそういう感じをレポートしたいと思います。

 暗いムードを吹き飛ばしてくれたのが、南部さんのポートボールの授業報告でした。資料は、学級通信と学習カードでしたが、十分にやっていることが伝わってきました。みんなが楽しめるようにするには? 苦手な子をどう生かすか? こういう視点がとてもいいなと思いました。ゲームーゲームーゲームで押していきますが、自然と子どもたちから「練習したい!」という声が出てくるところもすばらしかったです。ドリブルをなしにして、パス&ランを主体にして、シュートにつなげるというシンプルなルールづくりも子どもたちに合っているようでした。

 自主授業研究会については、次の通り授業者が決まりました。
第1回 12月9日(金) 2年・佐藤(初任研も兼ねる)
第2回  1月 日( ) 6年・大久保
佐藤さんは、半ば強制的?みたいでしたが、初任研と合体することで、みんなが見やすくなるというよさもありました。2月以降の予定については、次回また話し合いたいと思います。指導計画をチェックしておいてください。

【第6回・月例会の報告】
  12月9日(金)18:00~ 新開小・会議室
   ① 初任研課題研究の校内授業研究会 兼 第1回自主授業研究会の研究協議
2年「ボール蹴り遊び」 授業者・佐藤

 9/10時ということもあって、子どもたちは学習の流れを完全に理解しきっていて、自分たちで学習を進めていたところがすばらしかったです。研究の手だてとして試みたことも、ちゃんとヒットしていてよかったと思いました。私が特にいいと思ったことは、学習が自然であること。研究授業を見ると、「なんか仕組まれている感じがするなぁ」と思うことが結構ある。教師の言葉に妙によく反応したり。
 この授業は、先生の出番がとっても少ない。というか、子どもたちが先生をあまり必要としていない。自分たちで準備をして、一人一人がマイボールで十分体をほぐしてから、やおらチーム練習に入っていく。その間、教師は「あれしなさい、これしなさい」と全体に指示することがない。でも、困ったときにはすぐ近くに先生がいてくれるという安心感がある。
 協議会でも、たくさんの疑問や質問、意見がありました。もっとよくするために取り組まなければいけないこともたくさんあると思いますが、「みんなが楽しい」と言える体育の授業をつくろうとする方向性に間違いはないと確認しました。


【第7回・月例会のお知らせ】
  1月17日(火)18:00~ 新開小・会議室
   ① 第2回自主授業研究会・指導計画検討(大久保)
   ② 小学校体育科カリキュラム試案(豊島)
   ③ 情報交換

 このサークルは、メンバー登録制ではありません。いつでも自由にご参加ください。参加される方は、“体育の授業に関する近況報告”をしていただきます(口頭でも可ですが、何か資料があるとうれしいです)。

 とびこみレポート大歓迎!!
 体育の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、体育の授業以外で、日頃スポーツに関して思っていることなどでも結構です。

2006年1月 3日 (火)

ランニング復活宣言

 約1年ぶりで、ランニングを再開することにした。これまで、「仕事が忙しくなった」ことを理由にしていた。しかし、

 ・仕事というのは、結局いくらやっても限りがない。
 ・時間があれば、仕事が充実するとは限らない。
 ・だったら、自分の好きなことを捨てた意味がない。
 ・趣味と仕事。時間をやりくりしてこそ、生活も充実するのではないか。

と、そんなことを考えたわけである。今は、体が慣れていないが、この疲れが心地よい。当面、目標は、3月の「東京荒川市民マラソン」である。順調にいけば、今年中に「10回目の100㎞マラソン完走」に届くかもしれない。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ