2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月13日 (木)

新開体育サークル通信 №5

 10月10日は、体育の日でした。毎年、この日に必ず新聞に出る記事があります。それは、「子どもの体力低下」問題です。この問題、確かに問題なのですが、どうもマスコミに煽られているような気もします。
 子どもの体力低下とは裏腹に、「中高年の体力向上」がデータとして明らかになっています。どうしてこちらをもっと評価しないのかなと思います。これって、生涯スポーツが浸透してきた証拠なんだと思います。
 まぁ、だから、子どもの生活の現状を考えれば、よくぞこの程度の体力低下で収まっているなという感じで、その分、大人ががんばるようになったんだから、それでいいじゃん。なんて言ったら、場がとってもシラケてしまったことがありましたが、私は真剣にそう思っています。
 ところで、体育の日に、体育っぽいことを何かしましたか? 教員も体力低下と言われないようにしないとね。
では、前回の報告です。

【第3回・月例会の報告】
  9月13日(月)18:00~ 新開小・保健室
   参加者 大久保、北御門、黒崎、佐藤、田中、南部、萩原、豊島(8名)
   ① 学級経営に生きる体育の授業(豊島)
   ② 初任研の課題研究報告   (黒崎)
   ③ 集団行動・指導のポイント (豊島) 
   ④ その他
・資料の紹介(田中)
・健康に関する新聞記事、パンフレットの紹介(豊島)

クーラーの効いた保健室でやったというのが、ずいぶん前のように感じてしまいます。
 今回の目玉は、黒崎さんの昨年の労作「共に学び、共に高め合える学級づくりをめざして」(副題-体育科授業を通して子どもを高めていく指導のあり方と評価の工夫)です。黒崎さんの授業へのこだわりをみんなで理解して、よりよい授業を創るために、質問したり意見を言ったり評価したり対案を示したり。こういうことがとても大事だと思います。こういうレポートを見ると、「よし、自分も!」と思います。でも、時間がたつと忘れてしまうので、思い立ったらすぐに計画に入りたいですね。
 盛り上がったのは、場の設定のしかたとポイントとなる技術指導についてでした。そういうわけで、次回は実技を通して学んでみようということになりました。というか、しました。

 資料の紹介では、田中さんが、“体育教員のバイブル”とも言われている?書籍を紹介してくれました。どうも、共同購入?することになったようです。それは、大修館書店「跳び箱運動の授業」「鉄棒運動の授業」「マット運動の授業」です。これは、体育科教育の別冊で、たくさんのシリーズが出ています。価格が1000円というのも魅力です。


【第4回・月例会のお知らせ】
  10月21日(金)18:00~ 新開小・会議室
   ① 器械運動の実技・場の設定のしかたとポイントとなる技術(田中・豊島)
   ② ボールけり遊び・指導計画(佐藤)
   ③ その他
・自主授業研究会の計画について
    ・情報交換
・資料交換 (あくまで予定です)

 次回は、はじめに実技をやりますので、運動のできる服装で、体育館に集まってください。

 このサークルは、メンバー登録制ではありません。いつでも自由にご参加ください。

 とびこみレポート大歓迎!!
 体育の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、体育の授業以外で、日頃スポーツに関して思っていることなどでも結構です。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ