2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 「新開体育サークル」(仮称)通信 №1 | トップページ | 集団行動・指導のポイント »

2005年8月29日 (月)

新開体育サークル通信 №2

 夏休みは、いかがお過ごしでしたか。充電&リフレッシュができたでしょうか。私は、今一つ、休み中でも多忙感がぬけませんでした。創造的で、いい授業をやるためには、それなりの“ゆとり”がなければならないと思っています。忙しくても、授業づくりについては余裕を持って取り組みたいものです。

【第1回・月例会の報告】
 ・日 時 7月20日(火)
 ・場 所 新開小・会議室
 ・参加者 大久保、佐藤、黒崎、南部、北御門、金子、萩原、田中、豊島(9名)
 ・内容 ① 運動の特性のとらえ方
      ② 授業提案・その2(バスケットボール)
      ③ 授業提案・その3(水泳)
      ④ 資料提供

 運動の特性については、つまらない講義みたいになってしまい、申し訳なかったです。自分なりのこだわりもあって、そのへんを理解してもらうためには、もう少し時間が必要だと思いました。具体的な実践から、今後紹介していきたいと思います。

 授業については、バスケットボールと水泳について提案させていただきました。どちらも高学年です。
 まず、話題になったのは、子どもがその運動を遠ざける要因をどう排除していくかという点です。例えば、「ボールに当たると痛い」と思っている子がいれば、ボールの空気を抜いてやわらかくするなどの対処が必要です。そういく工夫を一つ一つやっていくことが大切だということです。
 次に、チームの人間関係について、どう指導したらよいかということです。チームのだれかがやる気をなくす、文句の言い合いになる、といったことはよくあることです。何のために、この学習をするのかということを、教師がしっかり理解して、児童に話せなければいけないと思います。チームスポーツであれば、「みんなが楽しめるようにする」ということが第1のねらいとなるはずです。
 もう一つ、チーム編成について、だれが決めるかということが話題になりました。教師が決める派、子どもに任せる派、折衷派、…、いろいろありましたが、最終的には、子ども(学習者)自身が自ら決められるようにしたいということになりました。

 水泳については、泳げない子をどう指導するか、ということに対して役立ちそうな本をいくつか紹介しました。新開小のスイスイスクールも成果をあげているようです。やはり、“じょうずにさせる技術”というものがちゃんとあります。みんなで共有できるようにしたいですね。

【第2回・月例会のお知らせ】
  8月29日(月)17:15~ 新開小・会議室
   ① ビデオ鑑賞
     ・全体研(全国体育学習研究協議会)合同合宿報告・「リズムダンス」
・表現組体操
・陸上競技(バトンを持ちかえないリレー)
・リズムなわとび  など
   ② 授業提案・その4(時間があったら)
   ③ その他

 運動会前、ということで、少しでも何かの足しになるように、いろいろなビデオを鑑賞したいと思います。気軽に、ご参加ください。このサークルは、メンバー登録制ではありませんので、いつでも自由にご参加ください。
 最近読んだ本で、おもしろいものがあったら、みんなで紹介し合いませんか? 私は、毎回何冊かずつ持っていきたいと思います。

« 「新開体育サークル」(仮称)通信 №1 | トップページ | 集団行動・指導のポイント »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/8429322

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル通信 №2:

« 「新開体育サークル」(仮称)通信 №1 | トップページ | 集団行動・指導のポイント »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ