2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« JKYB関東支部学習会 | トップページ | 新開体育サークル通信 №2 »

2005年7月20日 (水)

「新開体育サークル」(仮称)通信 №1

 みなさん、こんにちは。6月に設立準備会を行った「新開体育サークル」(仮称)は、1学期の終了と同時に本格的にスタートします。1学期の体育の授業の充実度を振り返り、今後に生かせるようにしていきたいですね。

【前回(設立準備会)報告】
 ・日 時 6月14日(火)17:30~
 ・場 所 新開小・会議室
 ・参加者 田中、金子、黒崎、南部、萩原、大久保、北御門、豊島(8名)
 ・内 容 ① 自己紹介(各自の問題意識)
      ② 会の基本方針と今後の進め方について
      ③ 授業提案(リレーの授業)
      ④ その他

 まず、8名もの方が集まってくださって、純粋にうれしかったです。
 はじめに、各自の問題意識を自由に述べていただきました。「子どもの願いにこたえる授業がしたい」そして、そのための「情報がほしい」ということは、すべての参加者に共通のものでした。私たち自身が「学びたい!」という気持ちを忘れずに持ち続けたいと思います。もちろん、「日々の体育の授業に悩んでいる」という方も大歓迎です。ぜひ、お立ち寄りください。

 次に、会の基本方針について確認しました。大原則が3つありますが、自主的な勉強会ということを考えれば当然のことです。学びたい人はいつでもどうぞ。会の運営のしかたは、これから煮詰まっていくと思いますので、積極的にご意見ください。

 リレーの授業について、提案させていただきました。体育では、スポーツの学び方を学習します。これに限らず、学習が深められるような“しかけ”が必要です。学習過程の工夫、場の設定の工夫、ルールの工夫、用具の工夫、チームづくりの工夫などがそれに当たると思います。また、そういう工夫をしていく“もと”になるのが、運動の特性です。このとらえ方がきちんとできるように、次回提案したいと思います。


【第1回・月例会のお知らせ】
  7月20日(火)14:00~ 新開小・会議室
   ① 運動の特性のとらえ方
   ② 全体研(全国体育学習研究協議会)合同合宿報告・「リズムダンス」
   ③ 授業提案・その2(バスケットボール)
   ④ その他

 以下、私が運動の特性について、まとめたものです。

1 運動の特性
 (1)一般的特性
その運動が固有に持っている意味や価値、基本的な行い方
  ・機能的特性(その運動は本来どんな楽しさがあるか)
  ・構造的特性(その運動はどんな技能構造になっているか)
  ・効果的特性(その運動をするとどんな効果があるか) など

   運動の機能的特性にふれる経験を数多く積ませることが体育授業の役目である。

 (2)子どもから見た特性
  特性にかかわる子どもたちの実態
   ・態度 ・(特性に)近づける要因
   ・技能 ・ 〃 遠ざける要因
   ・人間関係 など

   子どもの実態を考慮して、どんな学習を組織すれば特性にふれることができるかを明らか  にする。     

2 学習のねらい
  ○○を楽しむ。

3 学習過程(みちすじと時間計画)
・ねらい1   ・めあて1 ・スパイラル型
 ・ねらい2 ・めあて2 ・リニア型
    ・ステージ型

 運動種目による学習過程のちがい
・スポーツ(挑戦の欲求充足)
競争型(ボールゲーム、陸上、水泳)
克服型(器械、水泳)
達成型(陸上、器械、水泳)
・ダンス(模倣・変身の欲求充足)
リズム型
創作型
社交型(フォークダンス)
・体つくり運動(必要充足)
向上目的型(各種トレーニング、エアロビクス)
維持目的型(ストレッチ、徒手体操)
矯正目的型

« JKYB関東支部学習会 | トップページ | 新開体育サークル通信 №2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/8429339

この記事へのトラックバック一覧です: 「新開体育サークル」(仮称)通信 №1:

« JKYB関東支部学習会 | トップページ | 新開体育サークル通信 №2 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ