2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« さいたまダービー | トップページ | 全国体育学習研究協議会・合同合宿長野大会に参加して »

2005年6月14日 (火)

体育サークル準備会

 構想通り、まずは校内で体育サークルを立ち上げることにした。第1回とせずに、設立準備会(第0回)として行った。メンバーは、若い教員を中心に6名ほど集まった。日々忙しい中、これだけの人が集まったのはうれしい限りである。正直、「だれも来なかったらどうしよう」という気持ちはあった。
 一人一人に、問題意識を述べてもらった。「とにかく情報がほしい」「少しでもいい授業がしたい」「不安を解消したい」「今も悩んでいることがある」など、予想されていたことはすべて出た。この意識を大切に会を運営できればと思う。
 次に、今後の進め方について提案した。
<大原則>
「来る者は拒まず、去る者は追わず」の原則
「ギブ&テイク」の原則
「書いて報告する」の原則
<基本方針>
よりよい体育の授業をつくるために、熱く議論する場とする。
 <会の進め方>
・当面(2~3回)は、豊島がレポートを用意してくる。
・4回目ぐらいからは、自分の実践報告、授業計画等をレポートにまとめてくる(各自印刷)。
・体育学習に関することの情報(おすすめの本、雑誌、テレビ番組、研修会)を積極的に交換する。
・場合によって、実技講習、授業公開も計画していく。
・次回の予定は、出席者で相談して決める。
・会報を発行する。
 これが守れれば、ゆくゆくは外部の方の参加にも応じられるだろう。
 最後に、私からレポートを1本。あまりにも有名な??「2チーム対抗のリレー」の提案をした。私がまだ4年目のかけ出し教員だった頃にまとめたものだ。しかし、どんな学習過程を組み、どんな場を用意すれば、子どもは自分から動くようになるかということがよくわかるものだと感じている。次回は、理論的なレポートも用意する予定である。次回、7月20日を乞うご期待!

« さいたまダービー | トップページ | 全国体育学習研究協議会・合同合宿長野大会に参加して »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/4681796

この記事へのトラックバック一覧です: 体育サークル準備会:

« さいたまダービー | トップページ | 全国体育学習研究協議会・合同合宿長野大会に参加して »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ