2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月25日 (土)

「あいさつをしなさい」と指導することは…

 私は、子どもたちに、あいさつのできる人になってもらいたいと思っている。小学校の教員だから、なおさら「あいさつをちゃんとしなさい」と言うことが多い。多いということは、年中言っているにもかかわらず、なかなできないということだ。というか、基本的すぎることだから、少しでもおろそかになったら指導する必要があるものだからである。
 さて、我々大人が子どもたちに「あいさつをしなさい」と教えることは、どういうことを意味するのだろうか。

 ・あいさつは大事である。よいことである。
 ・だから、あいさつは自分からしなさい。
 ・当然、大事なことと教えているのだから、こちらからもあいさつをします。
 ・あいさつをされたら、あいさつを返しなさい。
 ・あいさつが上手にできたらほめます。
 ・でも、ほめられるのは子どものうちだけです。
 ・大人にとって、あいさつは常識です。

 これだけのことが「あいさつをしなさい」ということの裏にはあると思う。ということは、自分からあいさつのできない大人は子どもを指導できない。もし、学校全体の児童に対して「あいさつをしなさい」と言ったら、全員に対してあいさつをこちらからする覚悟をしなければならない。同時に、全員が自分にあいさつをしてくることも覚悟しなければならない。
 これだけ重い一言なのだか、あいさつはやっぱり大事だと思うから、教員は、これだけの覚悟をした上で、「あいさつをしなさい」と指導しているのである。保護者や地域の方にも、常識ある大人としての指導にご協力いただけるとありがたいと思う。

2005年6月20日 (月)

全国体育学習研究協議会・合同合宿長野大会に参加して

 久しぶりに、刺激を求めて、全体研(全国体育学習研究協議会)の合同合宿に参加してきた。6月17日(金)から19日(日)までの2泊3日。そのうち、2日間は缶詰状態のグループワーク。でも、楽しくて楽しくて仕方なかった。大好きな体育の話ができてうれしかった。しかも、相手は一線級の研究者と実践者。返ってくる答えも質が高いと思った。
 今回のテーマは、「生涯学習社会に向けた体育のカリキュラムづくり」である。うーん、でかすぎる。でも、話していくうちに、いくつかポイントとなるキーワードが生まれた。例えば、

・レジャーとしてのカリキュラムの必要性(体育は他の教科とちがうんだ!)
・楽しい体育に対する批判にどう答えるか?(自発性と指導性の問題)
・わかりやすいカリキュラムって、誰のためのわかりやすさなのか?(子どもにとって大切なものになっているか)
・学校段階での最終目標は、ライフスタイル形成
・中学、高校の体育を変えなければ!(中高生にリアリティーのある学習を)
・学校行事、部活、社会体育などとの関係を視野に入れなければカリキュラムはできない。
・教師は、学習をデザインする役割を担う。

などなど。ここでは、具体的に述べないが、とても充実していた。(機会があればまた書こう) 
 

2005年6月14日 (火)

体育サークル準備会

 構想通り、まずは校内で体育サークルを立ち上げることにした。第1回とせずに、設立準備会(第0回)として行った。メンバーは、若い教員を中心に6名ほど集まった。日々忙しい中、これだけの人が集まったのはうれしい限りである。正直、「だれも来なかったらどうしよう」という気持ちはあった。
 一人一人に、問題意識を述べてもらった。「とにかく情報がほしい」「少しでもいい授業がしたい」「不安を解消したい」「今も悩んでいることがある」など、予想されていたことはすべて出た。この意識を大切に会を運営できればと思う。
 次に、今後の進め方について提案した。
<大原則>
「来る者は拒まず、去る者は追わず」の原則
「ギブ&テイク」の原則
「書いて報告する」の原則
<基本方針>
よりよい体育の授業をつくるために、熱く議論する場とする。
 <会の進め方>
・当面(2~3回)は、豊島がレポートを用意してくる。
・4回目ぐらいからは、自分の実践報告、授業計画等をレポートにまとめてくる(各自印刷)。
・体育学習に関することの情報(おすすめの本、雑誌、テレビ番組、研修会)を積極的に交換する。
・場合によって、実技講習、授業公開も計画していく。
・次回の予定は、出席者で相談して決める。
・会報を発行する。
 これが守れれば、ゆくゆくは外部の方の参加にも応じられるだろう。
 最後に、私からレポートを1本。あまりにも有名な??「2チーム対抗のリレー」の提案をした。私がまだ4年目のかけ出し教員だった頃にまとめたものだ。しかし、どんな学習過程を組み、どんな場を用意すれば、子どもは自分から動くようになるかということがよくわかるものだと感じている。次回は、理論的なレポートも用意する予定である。次回、7月20日を乞うご期待!

2005年6月 5日 (日)

さいたまダービー

 浦和レッズVS大宮アルディージャを見てきた。話せば長いことなのだが、私が大宮ファンになった経緯を説明する。
 私は、小学生の頃から、野球ファン・巨人ファンだった。でも、清原を獲得したあたりから、金と強引さで選手を引っ張ってくること、チーム作りのチの字もないやり方に憤りを覚え、巨人ファンをやめると同時に野球もあまり見なくなった。
 ちょうど私が野球ファンをやめる頃、私がずっと勤めている大宮(現さいたま市)に、J2のチームが誕生していた。大宮アルディージャである。でも、その頃はサッカーファンではなかったから、別に…という感じだった。
 ある時、小学校体育連盟の会に、アルディージャの宣伝を兼ねて、清雲GMがやってきた。酒の席だったから、膝をわって話したという感じだった。そこで、「地域のスポーツ振興に貢献したい」という話や「若い選手の中には教育の実際の場で協力したいという者もいる」といった話を聞いて、なるほどすばらしいと感じてしまった。はい、これはオフシーズンだったので、次の年の春から、当時J2だったアルディージャの試合を見に大宮公園サッカー場に行っていた。
 初めて生で見たプロサッカーは感動だった。特に、芝の緑の鮮やかさとアルディージャのオレンジのユニホームは似合いすぎると思った。試合もエキサイティングだった。特にゴールキックをヘディングするときの「バチッ」という音にはびっくりした。テレビで見るより選手はずっとうまく感じた。
 次の年には、大宮のあまりの応援の少なさに、思わずメインスタンドからゴール裏に移動していた。声を出して応援していると、選手と一体になっているという感じがして、特にゴールが決まったときは気持ちがよかった。そんなわけで、今、アルディージャサポーターをやっている。
 そのアルディージャも、念願のJ1入りを果たした。そして、善戦している。そんな中、同じさいたま市でも、古くからサッカー界に君臨?している浦和レッズとのダービーマッチは、ちょっとした緊張感をもった。レッズサポーターは、日本一だとこれまで思っていたからである。そこと、どれぐらいの勝負ができるんだろうか。選手はピッチで戦えばいい。応援でも、結構やるなと思わせたい。
 しかし、そんなに甘くはなかった。スタジアムは、大宮のホームなのに、レッズサポが9割。バックスタンドにはレッズの大段幕まで飾られてしまった。いつもの何倍も声を張り上げたつもりだったが、レッズサポの声にかき消されてしまう。途中、雷を伴って大雨となった。そそくさと雨をしのごうとする大宮サポ。レッズサポは微動だにしない。くやしかった。試合も完敗だったが、それ以上にスタンドでも負けたのがくやしかった。いつの日か、このレッズサポーターと互角に戦える日が来るといいなと思った。がんばろう。

 

さいたまダービー

 浦和レッズVS大宮アルディージャを見てきた。話せば長いことなのだが、私が大宮ファンになった経緯を説明する。
 私は、小学生の頃から、野球ファン・巨人ファンだった。でも、清原を獲得したあたりから、金と強引さで選手を引っ張ってくること、チーム作りのチの字もないやり方に憤りを覚え、巨人ファンをやめると同時に野球もあまり見なくなった。
 ちょうど私が野球ファンをやめる頃、私がずっと勤めている大宮(現さいたま市)に、J2のチームが誕生していた。大宮アルディージャである。でも、その頃はサッカーファンではなかったから、別に…という感じだった。
 ある時、小学校体育連盟の会に、アルディージャの宣伝を兼ねて、清雲GMがやってきた。酒の席だったから、膝をわって話したという感じだった。そこで、「地域のスポーツ振興に貢献したい」という話や「若い選手の中には教育の実際の場で協力したいという者もいる」といった話を聞いて、なるほどすばらしいと感じてしまった。はい、これはオフシーズンだったので、次の年の春から、当時J2だったアルディージャの試合を見に大宮公園サッカー場に行っていた。
 初めて生で見たプロサッカーは感動だった。特に、芝の緑の鮮やかさとアルディージャのオレンジのユニホームは似合いすぎると思った。試合もエキサイティングだった。特にゴールキックをヘディングするときの「バチッ」という音にはびっくりした。テレビで見るより選手はずっとうまく感じた。
 次の年には、大宮のあまりの応援の少なさに、思わずメインスタンドからゴール裏に移動していた。声を出して応援していると、選手と一体になっているという感じがして、特にゴールが決まったときは気持ちがよかった。そんなわけで、今、アルディージャサポーターをやっている。
 そのアルディージャも、念願のJ1入りを果たした。そして、善戦している。そんな中、同じさいたま市でも、古くからサッカー界に君臨?している浦和レッズとのダービーマッチは、ちょっとした緊張感をもった。レッズサポーターは、日本一だとこれまで思っていたからである。そこと、どれぐらいの勝負ができるんだろうか。選手はピッチで戦えばいい。応援でも、結構やるなと思わせたい。
 しかし、そんなに甘くはなかった。スタジアムは、大宮のホームなのに、レッズサポが9割。バックスタンドにはレッズの大段幕まで飾られてしまった。いつもの何倍も声を張り上げたつもりだったが、レッズサポの声にかき消されてしまう。途中、雷を伴って大雨となった。そそくさと雨をしのごうとする大宮サポ。レッズサポは微動だにしない。くやしかった。試合も完敗だったが、それ以上にスタンドでも負けたのがくやしかった。いつの日か、このレッズサポーターと互角に戦える日が来るといいなと思った。がんばろう。

 

2005年6月 2日 (木)

監督の力

 ずいぶん前に「巨人ファン」をやめましたが、最近のジャイアンツは、とても弱いですね。熱烈な巨人ファンの方から、「堀内やめろ」の声も聞こえます。テレビではなかなかわかりませんが、ベンチで座っているだけのような監督に、チームの命運がかかっているようです。監督というのは、うまくいっているとき、つまり勝っているときにすることはあまりないと言います。大事なのは、うまくいかなくなったとき。つまり負けそうなとき。堀内監督は、こういうときに「なんで選手はダメなんだ」という言動をとるそうです。これでは選手のやる気もでないのでは?

 私は、巨人ファンをやめてから、野球ファンも休業中です。そのかわり、サッカーに燃えています。地元「大宮アルディージャ」のサポーターをやってます。大宮アルディージャの監督は、三浦俊也さんです。この方は、今度、スポーツ雑誌ナンバーでも特集されるそうですが、戦術論がおもしろいです。ドイツでの経験が長いということもあるようですが、いいなと思うことがあります。

 負けているときの対応がはやいということ。選手起用にしても、戦術の変更にしても、陣頭に立って指揮している感じがしています。シビアかもしれないけど、選手を競わせていること。こういう場面ではこの選手を使う。調子が悪ければベンチにも入れない。どの選手が出てきても、同じように対応できる練習をこなしているように感じます。

 アルディージャは、J1・1年生ながら8位と健闘しています。選手ももちろんがんばっているけど、監督の力というのは大きいと感じる今日この頃です。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ