2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月30日 (月)

体育サークル準備中

 「新開体育サークル」(仮称)を準備中です。新開とは、私の勤務している小学校の名前です。しんかいではなく、しびらきと読みます。

 日頃、体育授業にかかわることが少なくなりましたが、体育の授業への思いは、まだまだ熱いのです。多くの人に、楽しくて力のつく体育授業を実践してほしいとの願いを形に表そうと思います。

 ついでに言うと、私が体育で目指すのは、スポーツ享受能力の育成です。スポーツを自分の人生の中に位置づけ、生涯を通じて楽しめるようにするのです。小学校では、その基礎的な力を育てていきたいと考えています。ま、具体的には、これからすこしずつ。

 

自己紹介

023a

学校の教員をしています。子どもたちの確かな能力と豊かな人間性を育てていきたいと考え、日々実践しています。
 特にこだわって考えていきたいと思っているのが、体育・スポーツの学習です。技能を身につけさせることを中心とした体育の授業ではなく、遊びとしてスポーツを楽しむ、そんなスポーツシーンをたくさん創っていきたいと思っています。もちろん、授業だけでなく、自分自身の生活の中でも。

 これは、私のホームページに掲げてある言葉です。このところ全くと言っていいほど更新していません。面倒なのです。ブログなら何とかなるかも…と思って始めます。スポーツと教育について、あれこれ語っていきます。

ちなみに、ホームページのアドレスは、http://homepage2.nifty.com/yu-raku-so/です。どうぞ初めての方はいらしてくださいませ。

トップページ | 2005年6月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ