2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

2011年5月28日 (土)

腰痛

 腰痛に悩まされている。

 寝込むほどではないし、まったく動けないわけでもないので、つい動いてしまう。

 それがいいのか、悪いのか。


 ちょっとよくなると、子ども(学校の)たちとバスケットボールをやってしまい、ついつい本気モードになって、後から痛くなる。

 この間は、校内大会の審判なんかもやってしまった。

 が、意外に調子は悪化していない。

 少しは動いた方がいいのかな? 


 ランニングの方も、ずっとお休みしているけど、2キロぐらいならなんとゆっくり走れそう。

 お腹が出っ張ってきたので、よけいに腰痛にはよくなさそうだ。

 少しずつ、動いてみることにする。

2011年5月 8日 (日)

連休唯一のアウトドア

004a

 GW恒例の“お金をかけないで楽しむ”を、今年も実行した。

 近くの土手まで出かけて、バーベキュー。

 ついでにファミリーで“ちょいスポーツ”。

 飲み終わったペットボトルをバットにして、野球遊び。

 ルールも何もないけど、けっこう楽しめる。

 あとは、バレーボールやらドッジボールやら。

 基本、ファミリーなので、総勢5人。

 しかも、年齢層は幅広い。

 それでも、スポーツは楽しめるってことだな。

 集まったメンバーで、楽しもうと思うことが大事。
 
 
014a_2


 ものすごい晴天に恵まれて、半袖でいたら腕が真っ赤っかに日焼けしてしまった。

 いつもながら、無防備な私。

 けっこう疲れたけど、充実感があった。


2011年5月 3日 (火)

跳び箱の個人レッスン

 きょうは、学校の体育館が空いていたので、息子に跳び箱を教えてきた。

 個人レッスンである。

 開脚跳びの4段縦に挑戦!

 もう少しで飛び越せるんだけど、おしりが跳び箱についてしまう。

 着手したときの肩の位置が悪い。

 しっかりと、体を支えて下半身を前にもってこなければならない。

 跳び箱の両わきに台を置いて、それに乗っかって手をついて跳び越す練習を繰り返した。

 だんだん手の付き方がよくなってきて、遠くに着地できるようになってきた。

 何度かやっているうちに、普通に跳び越せるようになった。

 体がコツを覚えてしまえば、どうってことないんだな。

 その回路がつながりやすい子とそうでない子がいるだけだ。


 ついでに、台上前転もやった。

 落っこちそうになりながらも、何とかクリア。

 開脚の5段は、あとちょっとだった。

 きっと、今度の体育の授業でやるときはできるだろう。

 
 

2011年4月29日 (金)

J再開とともに、ブログ復活

 長らくブログ更新をお休みをしていた。

 休んでいる間に、震災もあった。

 未曾有の大惨事で、スポーツがあるのが当たり前だった世界が、何にもなくなってしまった。

 確かに、スポーツなんかやってる場合じゃなかったかもしれない。

 被災地は、まだまだ大変な状況であることに変わりはない。

 でも、やっぱり、ないと寂しい。

 だから、Jリーグの再開は、本当にうれしい。

 アルディージャは、残念ながら負けてしまったけれど、被災地ベガルタの勝利は、胸が熱くなった。

 

 自分自身は、仕事に追われていて、余裕のない生活を送っているけれど、スポーツはもう生活になくてはならないものになっている。

 改めてそんなことに気付かされる。

 スポーツを楽しめることに感謝しつつ、ブログ復活。

2010年10月11日 (月)

来年のマラソンにエントリー

 しばらく大会から遠ざかっていました。

 申し込むのも忘れてしまうぐらい,日々あわただしく働いております。

 が,今回は何とか〆切に間に合わせることができました。

 東京マラソンは,前に申し込んでありましたが,あと2つ申し込みました。

 1月30日 第59回勝田全国マラソン
 2月27日 東京マラソン2011
 3月20日 板橋Cityマラソン(東京・荒川市民マラソン)

 出場できるかどうかわかりませんが,とりあえずエントリーしてみました。

 何とか,スタートラインに立ちたいところです。

 仕事をクリアすることと,トレーニングもある程度すること。この2つが課題です。


 ところで,東京マラソンは,明日から抽選結果のお知らせがあるそうで。

 あの大雨の第1回に参加して以来ですから,何とか当たってほしいのですが。

 ドキドキ…。

2010年10月 3日 (日)

全国体育学習研究協議会京都大会

 第55回全国体育学習研究協議会が,京都で開催されます。

 期日は,11月5日(金)~7日(日)

 観光シーズンの京都は,大変なにぎわいだそうですが,ホテルに缶詰状態になって,体育をスポーツを大いに語り合ってきたいと思います。

 申し込みは,まだ間に合いますので,ぜひご一緒に。

 くわしくは,次のホームページへ。

 全国体育学習研究会

 京都市体育研究会

2010年9月26日 (日)

台風一過の運動会

Img_7688

 早朝は,雨もふっていた。どうやら台風の影響らしい。

 朝から午前中にかけては,寒いほどの曇り空。

 運動会を開催する側としては,頭を悩ませる天気だ。

 ただ,午後は台風が通り過ぎて,カラッといい天気になるという予報だから,延期はあり得ないだろう。

 というわけで,1時間ほど遅れて,息子の運動会は始まった。

 昼過ぎには,天気予報どおり,一気に雲が流れて行く。

 午後は強いぐらいの日差し。

Img_7702

 息子もがんばっていたし,他の学年の演技も見て,久しぶりに感動した。

 やっぱり,教師ががんばればいい運動会ができるんだと実感した。

 何か,変な言い方だけど,保護者はそれを感じ取ることができているだろうか。

 自分の子どもばっかり見てないで,正しい“学校応援団”になれるといいんだけど…。


2010年9月20日 (月)

土日ランナー

 このところ,少しずつランニングライフが復活している。

 体はきついが,毎日の生活に“張り”というか“アクセント”というか,そんな感じで心地よい。

 ストレスも確実に解消される。

 何より,ビールが10倍うまくなるしね。

 というわけで,たるんだお腹はなかなか締まってはきませんが…。

Image00765

 9月は,ここまで見事に,土日のみの「土日ランナー」状態である。

 きょうも休日。

 きょう走れば,土日祭日ランナーに昇格するかな?

2010年9月 5日 (日)

運動時の熱中症対策について

 これだけの猛暑が続いて、熱中症で倒れる人が続出しているとの報道が多くなっている。

 ん~、確かに、熱中症はこわいし、それなりの対策をとらなければならないと思っているのだが…。

 ちょっと、“騒ぎすぎ?”という感じもしている。

 たとえば、最近、天気予報で、熱中症対策についても触れるようになってきた。

 「熱中症情報です。本日は、原則運動中止となっています」

といった具合に。

 これって、どこに根拠があるのかっていうと、


熱中症予防のための運動指針(1994日本体育協会)


というのがあるんだそうだ。

 この運動指針によると、気温35℃以上になれば、原則運動中止となっている。

 それはね、確かにそれだけ暑ければ運動はしない方が身のためですよ、っていうことはよくわかる。

 しかし、この指針をすべてに適用したら、夏休みの部活は全部中止でしょうね。

 小学校でも、運動会シーズンを控えているので、この暑さの中でも、練習しなければならないでしょう。

 雨でも中止、暑くても中止、なんてことでは、行事をこなすことができなくなりそうです。

 
 私自身、思うに、まずは自己管理。

 しっかりとした水分補給。早めの休養。

 体調が悪かったら、迷わず休む。

 あとは、指導者がそのことをきちんと理解して、無理にやらせないこと。

 
 暑いからといって、エアコンの効いた部屋にばっかりいるようでは、やっぱりダメたと思いますよ。

2010年8月24日 (火)

「日本のスポーツ百年」

 近代オリンピックの父、かのクーベルタンから、

 「そろそろ、日本もオリンピックに参加しませんか?」

と、日本柔道の父、嘉納治五郎がお誘いを受けた。

 オリンピックに参加するには、出場選手を選ばなくちゃいけない。

 しかし、当時の日本には、そういう組織はなかった。

 ということで、大日本体育協会(今の日本体育協会)を設立したのが、1911年(明治44年)。

 来年、2011年(平成23年)で、ちょうど100年になるのだそうだ。

 で、そのイベントがなかなかすごい。

 http://www.japan-sports.or.jp/jasa100th/history/index.html

 日本全国4会場で、シンポジウムが開かれる。

 21世紀のスポーツとグローバル化代への挑戦

っていう大きな大きなテーマのもと、

 第1回は、今年10月23日、」福島会場「スポーツによる公正で福祉豊かな地域生活の創造」というテーマで行われる。

 第2回 京都(12月11日) スポーツで考える「環境と共生」の時代

 第3回 広島(2月26日) スポーツが築く「平和と友好」に満ちた世界

 第4回 東京(7月15日) 総括

 どれか1つでも、行ってみたいものだ。

«武活動Tシャツ

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ